いつの間にか年末!Σ(゚Д゚ノ)ノ

3日目・東ト-29b / えろり屋

冬コミが明日1日目を迎えようとしているこんなギリギリですが、
お品書き出来ましたのでペタリ。
今回は初めてお品書きを縦型で作ってみました。
こちらの方がスマホで見やすいとのことですが、
個人的には従来の横型の方が好きだったかもw
(次回また横型にするかもね)

今回新刊は1種「えろり屋/2016-WINTER/vol.16」です。
……結構冒険した表紙でしょ?
エロマンガではなかなかない、女の子が小さいっていうね。
……ホントに売れるんかね?w(;・∀・)

で、既刊は「vol.15」「vol.14」「vol.13」の3種。
最近はテーブルの上も立体的に本を配置することが多かったのですが、
今回は全部で4種のみなので全部平置きですね。
すごく陳列も地味~な感じになると思います

あ、いつものように数量限定・先着順頒布のおまけコピー本、
「えろり屋/おまけラフ絵画集」もありますので、
是非是非お早めのお越しをお待ちしております!


しつこいようですがもう一度。
3日目・東ト-29b / えろり屋
でお待ちしておりますので!( ´∀`)bグッ!






■マコと秘密の放課後#2
■コミックマショウ/2月号/三和出版
■2016/12/24

【あらすじ】
男3人女1人の仲良し4人組。
紅一点の関西弁少女”マコ”と隣の席になった赤尾が、
授業中手コキをして貰ったのはズルいと言い出す白井とセコッチ。
「もう2度とあんなこと学校でしたらへんで!?」と拒むマコだが、
じゃあその代わりに、と白井はある提案をするのだが……
関西弁少女”マコ”と悪友3人組のシリーズ第2弾!

制作していたのは9月中旬旬から11月下旬までの約2ヶ月ちょっと。
下書きが終わった段階で一度ペンを止め、
〆切が近かった「Juicy/No.16」用の原稿「犯しちゃダメだよ!?」
先にやっていたっていうのもありますが、
それを考えに入れなくても、なんかやたらと長い間描いてたような気がします(笑)

元々は22ページで考えていたのですが
編集長さんがもうちょっと延ばしちゃっても良いよ?との悪魔のささやきから、
じゃあもう2ページだけ…とお言葉に甘えたら、
このシリーズは画面に出て来る人数が多いもんだから
やってもやってもペン入れが終わらない気がして……

で、話的には前回の第1話目は同人誌とほぼ同じだったのですが、
今回の第2話は同人誌でも全く描いてない新エピソードですね。
授業中手コキしちゃうってネタは編集長さんに出して貰ったアイデアで、
学校の屋上でおし〇こさせられるってネタは第1話を描いていた
時から考えていたボクのアイデアでございます。
こんなことしてても関係が続いているグループ…羨ましいですねw(´∀`)

第3話目はまだ全く考えてないのですが……
修学旅行に行くにはまだ早スギかな~?
まーもうちょいゆっくり考えてみたいと思います。

で、次号掲載の予定は一応3月売りか4月売りの号かと……

実は「Juicy」が来年2月に発売の号で終わってしまうので、
ひょっとしたら「コミックマショウ」にはもうちょっと早い間隔で
載せて貰うことになるかもしれません。

まぁ同人誌もあるし昔ほどアホみたいに量産出来る感じでもないのでw、
自分なりのペースで書き続けて行きたいと思います~( ´∀`)bグッ!

■コミックマショウ/2月号
■三和出版

・三和出版公式ホームページ






■犯しちゃダメだよ!?
■Juicy/No.16/茜新社
■2016/11/30発売

【あらすじ】
しっかり者の三上さんが珍しく風邪をひいてしまって、
大好きな智くんがお見舞いに来てくれることに!
またまた熱が上がってしまいそうな程ドキドキの三上さん。
それは年頃の少年・智くんも同様のようで……!


制作していたのは10月半ば頃から11月頭にかけて。
今月12月24日発売「コミックマショウ/2月号」に掲載予定のマンガ、
「マコと秘密の放課後#2」を下書き終了の時点で眠らせ、
この作品に取り掛かりました。

「Juicy」で以前掲載した「寝てなきゃダメだよ!?」「食べなきゃダメだよ!?」に続く、
恥ずかしがり屋なんだけど時に大胆は三上さんシリーズの第3弾ですねー。

「Juicy/No.15」に描いた「恋愛しちゃお!」が結構気に入っていまして、
ホントはその続編を描こうとネームを描いていたのですが、
あの作品の良さであるはずの、エッチなんだけどいかにもな”青春の爽やかさ”
全く出ていないことに気づきましてw、途中で頓挫してしまいました(;・∀・)

で出て来たのが三上さんシリーズの続編でございました。

このシリーズもそのうち続きを描きたいな~と思っていたのですが、
編集さんとあれこれ意見を交わすうちに
あれよあれよとストーリーが出来上がりまして……。

「恋愛しちゃお!」の夏希より三上さんの方が根が単純で
話の組み立てがしやすいんですねw


そして…そう、
何と「Juicy」が次号2017年2月末発売の号が、
最終号となってしまうのです!

実際にその話を聞いたのはこの話を書き上げた後、
今号「No.16」が発売されるちょっと前だったのですが、
いや~寂しいです(>_<)
もちろん「Juicy」創刊号から1回も休まずに書き続けて来た身として、
ボクにも責任の一端があるのですが……むむーん(;´Д`)

ということで次作は「Juicy」最終号に掲載される作品。
来年の後半発売にはなるでしょうが
単行本にも何とかまとめられるくらいの本数にちょうどなるので、
お世話になった担当さん&編集長さんのためにも
良い作品を描きたいな~と思っているところでございますー。
(もちろんまだ何も考えてないですけどw)

■Juicy/No.16
■茜新社

・茜新社公式サイト






最新記事